先生を信頼してやまない理由は、『子供に対する愛情』です。

「先生を信頼してやまない理由は、『子供に対する愛情』です。」
(成蹊・国立学園・洗足学園 合格)

お教室を選ぶ際、私はどうしても大手の教室には、違和感を覚えずにはいられませんでした。そこで年中に入って、国立のCに通いましたが、良く言えば穏やか、悪く言えば手応えがなく、果たしてこれで受験に耐えうる子供に成長出来るのか、不安を募らせていました。しかし、その不安を先生にぶつけることもできず、機会を得て話をしても、手応えのある返答は戻ってきませんでした。

私自身が仕事をしていることもあり、土曜にしか教室に通わせることが出来ません。子供は潰れないかもしれないけれど、「このままでは絶対、後悔の残る受験になる」そう焦燥感に駆られていました。そして、もっと充実した時間を過ごせる教室はないか、探し始めたのです。ちょうど学校説明会のシーズンで、「近い」ということで漠然と志望していた学校に魅力を感じることが出来ず、我が家にとっては通学圏外と考えていた成蹊小学校に、鮮烈に惹かれ始めたときでもありました。

そんな折り、「今の教室に満足していますか?」というパンフレットを手にし、私が探していたのはまさにこれだ!と直感しました。そこに書かれていること全てが私が求めていたもの通りだったのです。普段、リーフレットを受け取ったりしない私が、何故かそれを手にし、且つ惹かれ、並々ならぬご縁を感じました。
あえて八王子まで行く価値があるのか悩みましたが、反対する夫を説得して体験授業の申込みを致しました。電話口に出られたのは、なんともパワフルで明るく、そしてこの人なら信頼できると思える声の持ち主でした。

思えばあれからちょうど一年、長いようでアッと言うまでした。本当にあのときひとみ先生に出逢えて良かったと思っております。そうでなければ、今の私達はありません。ひとみ幼児教室の素晴らしさを、ここで一つ一つ挙げるには及ばないでしょう。紹介されているものをご覧になれば、すぐ理解できるものだと思います。ただ、私が何より重要だと考え、先生を信頼してやまない理由は、『子供に対する愛情』です。
それは、親にとって何より有り難く、他のお教室では得られないものだと思うのです。そして、そのことは子供が一番感じ取っているかもしれません。

恥ずかしながら、ただ校風に惹かれて志望した成蹊小学校が、実は小学校受験では屈指の難関校&人気校と知り、途方に暮れました。3月30日生まれで、おせいじにもしっかりしているとは言えない息子が、果たして合格できるのか?そんな私たちの心配をよそに、ひとみ先生は彼の秘められた能力を信じて、時には優しく時には厳しく、励まし続けて下さいました。そのパワーのお陰で、私も受験までには、きっと伸びてくると信じるようになっていました。

しかし、夏になっても思うほど成長しないわが子に業を煮やし、夫婦で相談して、受験を諦めようと決めました。子供として一番かわいいこの時期に、毎日出来ないことを並べ立て、お互いこんなに嫌な思いをして過ごす必要はないと思ったのです。彼には彼のペースがあるのだから、中学受験でもいいかもしれない…。先生にそう告げると、真剣に叱られました。先生は、全て私が悪いとおっしゃるのです。本人は確実に成長している。それを認めていないあなたが悪いと…。目から鱗が落ちました。私はいつのまにか、つい志望校のレベルばかりを気にして、子供が出来ないことを、責めていました。

冷静(冷淡?)に判断したり、単純にただ励ましたり、心優しく諭そうとする人はいるかもしれません。でも、どこに心から怒ったり、涙を流して真剣に向き合ってくれる人がいるでしょう?それからの二ヶ月、私たちは変わりました。…残念ながら、それはしっかり勉強したと言うことではありません(苦笑)。ただ等身大の子供を見つめ、お互いに目標をしっかり確認し、成長し合えたということでしょうか。

とはいえ結局、わが子の成長は親の期待には及ばず(笑)、最後の最後まで不安でいっぱいでした。それでも、まったく後悔のない受験をすることが出来ました。例え、合格しなくても子供も親もよく頑張った、思い残すことはないと思うことができたのです(やり残したペーパーは山積みでしたが…)。ひとみ先生、こんな素晴らしい小学校受験をさせて頂いて、本当に感謝しています。

今の時代、情報は反乱し、何を信じていいのか分からない世の中です。でも、やはり一番重要なのは、人間として信頼できるかどうかではないでしょうか。さまざまな情報を上手く活用して、個々にあった受験を見い出し、実践出来る賢い母になって下さい。ひとみ先生は、そんな母の無二の力強い見方です。

初めは二の足を踏んでいた主人も、すっかりひとみ先生のファンです。自分が反対していたことなどすっかり忘れ、本当にいい教室にめぐり逢えて良かったと申しております。小学校受験に対して、一歩距離を置いてみていた彼が、いつのまにか進んで自らがお教室通いを始め、私よりも頻繁に行くようにさえなりました。これも「ひとみパワー」でしょうか…?(笑)

お受験は、とても一人で乗り切れるものではありません。家族や先生方、そして心から励まし合える素晴らしいお母様達と、力を合わせ、信頼しあってこそ乗り切れるものだと思います。そんな素敵な小学校受験が出来る方が、ひとみ先生のもとを訪れて下さる事を、心より祈っております。

関連記事

  1. 真剣に怒られたり褒められたりすることは、親子で良い経験でした

  2. ひとみ先生には「子育ての大切さ」を教えていただきました

  3. ひとみ幼児教室で本当に良かった ~貴重な体験に感謝~

  4. 受験にとって何が大切であるのかを知る事が出来ました。

  5. こんなに一人ひとりの生徒のことを考えてくださるお教室はありません。

  6. 「子供が出来ないのは親の責任。自分の出来の悪さを棚に上げて子供を叱る親…