試験に合わせた生活に変えましょう。

早く寝かせ、早く起こすように心がけて下さい。排便の
タイミングが合わないと、試験の途中で腹痛を起こして
しまうので気をつけて下さい。

健康管理に気をつける。

無理をさせないように。プレッシャーを与えないように。親が焦らないように。上手に気合いを入れて、テンションを上げていきましょう。

願書を出します。

スケジュール表を作り、願書を出す締め切り日、試験日、発表日、振り込み日など、きちんと書き出して下さい。ミスは大敵です。神奈川は競争率が高いので、あまり合否にとらわれないように、もう駄目だと疑心暗鬼になると、その後の試験に引きずってしまうので、要注意です。余り高望みをしないで、自分の力に合わせた学校選びが重要です。そして必ず取れる学校も受験するべきです。運悪く、11月に体調を崩したら、11月の受験が出来なくなる場合もないとは言えないです。保険として。押さえがあると、落ち着きます。とにかく初めの1校は大事です。そこから自信が付きますから。

室長から

☆幼い幼児を合格させることは、容易な事ではありません。「大丈夫ですよ。」という言葉はどなたにも言ってはあげられません。責任を感じれば、安易に安心させてあげられないのです。ただ「これで大丈夫とか、そんなに無理させないで入れるところに。」と軽く思っていらっしゃる方には合格は頂けないのも事実です。
「不安だから、怖いから」だから精一杯する方のみ合格が頂けます。不安だから、頑張るしかない!とにかくやるべき事をきちんとやっていきましょう。焦りと怒りは一番の敵です。
どうか、私たちを信じて、一緒に乗り切っていきましょう。受験は一人では乗り越えられません。私たちはプロです。どうか信じて、いつでも気軽に声をかけてください。相談をして下さい。孤独にならないでドンドン利用して下さい。「後悔しない受験を受けられる為に」私はとにかく精一杯頑張ります。常にみなさんと一緒に。
ポイント2

幼児教育に関するご相談

資料のご請求

クラスに関するお問い合わせ

体験授業へのお申込み

お母様の声